etc

アクセスカウンタ

zoom RSS 海馬/脳は疲れない−池谷裕二・糸井重里

<<   作成日時 : 2008/02/16 10:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

ベストセラー『記憶力を強くする』の著者であり、気鋭の若手脳研究家、池谷と、クリエイターとして豊富な発想のノウハウをもつ糸井。この2人が、頭のよさや脳の使い方などをテーマに、興味深い対話を繰り広げている。

たとえば、「『頭がいい』と『バカ』の差」について。2人は、記憶された情報を整理し、お互いを関連づけて、的確に表現できるかどうかや、「頭が真っ白」になるディスコミュニケーションの状態に陥るか否かなどのポイントに着目。最終的に、周囲との関係を遮断し、情報の入力をやめれば脳の働きはよくならないことを指摘している。ここで、自分の頭がどんな状態にあるかをチェックすることも可能である。

海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス

コミュニケーションの方法で、面白いなぁ、と思うことがあった。

 ユニクロの社長(編集部注・現会長兼CEO)の柳井さんにインタビューした時に、「一番大事なのは、どんなことがあっても真っ白にならないことです」と言っていたんです。
 「難問に絶えずさらされているから、経営者って真っ白になっちゃダメなんですよ」というその一言には、すごい価値があると思いました。
 ・・・でも、苦しい時、人って真っ白になりがちですよね。入力も出力もできないまま、止まるんですよ。
(略)

気後れしている時間があったら、わからないことを見栄を張らずにわかったふりをせずに次の質問を考えたり、質問さえも思い浮かばなければ、一緒に考える材料をポンと出してみたりすればいい。まぁ、ほんとは、誰でもインタビュアーになれるってことです。ただねその「場」を作るためのヒントも出さず下調べもしないってのは、困るんですけどね。「何年何月のお生まれですか?」って聞かれたって、そんなことくらい調べろ、と怒られるに決まっているわけで。それとは違うんだぜ、と言い訳はしておきますけどね。
 こういう方法は、矢沢永吉さんがテレビで対談をしているのを観ていて学んだんです。

一流と言われる人は、実は案外「おしゃべり」だぞ

どんなことがあっても真っ白にならないのはスゴいけれど、努力もしているのでしょね。

矢沢永吉さんは”あのう、ちょっと、ぼくにワカる用に言ってくれません?”といったそうだ。

何となく記憶に残っていて、このあいだ、ブックマークをチェックしていて思い出した。

取材希望の方へのお願い

最近、取材希望の方が多いので、お願いをここでまとめておきます。傲慢に感じる方もいらっしゃると思いますが、互いの生産性を上げるためですので、どうか・・・

2.本に書いてあること、すでに他の記事になっていることは、最低限でいいので、目を通しておいていただけますか?

たとえば
・なぜ、会計士になろうと思ったのですか
・なぜ、○○の本を書こうと思ったのですか
・お子さんはおいくつですか
・お金を貯める方法はなんですか
・情報のコツはなんですか
などなど

同じことでも、表現はいろいろあって、印象はずいぶん違っていくる。自分に置き換えて考えると、思うようにいかないのが面白いんですけどね。

モチベーションとか、言葉を扱う能力とか、人間が人間たりえる欲望が詰まっています。一方、食欲や性欲といったより本格的な欲望は脳の真ん中の深いところにありまして、他の動物のほうがむしろ大きいのですが、人がコミュニケーションをしたがるのは、前頭葉の働きが大きいです。

人間は目に頼る

第一章 脳の導火線

一時期よく雑誌で脳の図解を見た記憶がある。前頭葉ですな。

ラウシャーというアメリカの博士が、10年前に「モーツァルトを聞くとIQが八から九もあがる」というデータをNatureという権威ある雑誌で発表したんです。おもしろいことに、モーツァルトじゃないとIQ上昇の効果がないんですよ。バッハだったら多少効果があるけど、ベートーベンやショパンではぜんぜん効果がない。だから「モーツァルト効果」と呼ばれました。
当時話題になったのは、「二台のピアノのためのソナタニ長調K.四四八」という曲です。ただ、効果は決して長続きはしなくて、聴いた後三十分から一時間ぐらいで消えてしまうんです。なぜIQが上がるのかも理由がわからない。不思議なものです。

モーツァルトでIQがあがる

第四章 やりすぎが天才を作る

先生の言うことだと、モーツァルトのCDでも買ってみようと思うのが不思議だ。
海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Must と Will と Can
ここ半年、会社にマスコミの取材がよく入っています。1つのマスコミから取材が入ると、他社からも連鎖的に次々と(笑 あるマスコミのネタが、他のマスコミの編集会議などでも使われているんですね。さて、転職活動が“自分自身の営業”とは、よく言われることです。では、契約=内定はどこにあるのか?先日、株式会社キープレーヤーズの高野氏が仰っていた考え方は非常に分かりやすかったので、それを引用して解説します。----------------------内定は Must と Will と Can... ...続きを見る
面接ブログ
2008/02/16 10:40
8000円引き! 冷血競馬セットプログラム 【あなたはお金のため"だけ"に競馬ができますか?】
冷血競馬セットプログラム 【あなたはお金のため"だけ"に競馬ができますか?】定価33000円⇒25000円8000円のキャッシュバック!※キャシュバック対象 : 購入者全員■商品情報(評価&amp;レビュー)&amp;lt;&amp;lt;商材評価&amp;gt;&amp;gt; 評価:☆☆☆☆☆(星5つ)(最大5つ星) 投資情報商材のタイプ:競馬予想ツール 手法のタイプは?:確率競馬わかりやすいか?:機械的に売買していくだけ初心者向けか?:競馬をした事があればOK! 精度;非常に精度が高い! ... ...続きを見る
情報商材レビュー
2008/02/16 10:40
「解決力」養成講座/小宮一慶
「海馬/脳は疲れない−池谷裕二・糸井重里」について ...続きを見る
etc
2008/08/03 11:21
LIFE HACKS!/小山龍介
長期予想が可能な「天文学」 ...続きを見る
etc
2009/05/17 20:47
脳から変えるダメな自分/築山節
「朝は学ぶ、昼は働く、夜は休む」が効率的 ...続きを見る
etc
2009/06/06 18:16
一勝九敗/柳井正
柳井さんといえば、海馬/脳は疲れないに出てきて、ずっと気になっていた。レイ・クロックの付録に、ご自身のこれまでを連戦連敗といってもいいと書いていたのをみて、たしか一勝九敗って本が出てたな、と思い出した。 ...続きを見る
etc
2009/06/14 22:25
今週の言葉31−レイ・クロック−
「何事も小さな仕事に分けてしまえば、特に難しいことなどない。」Nothing is particularly hard if you divide it into small jobs.大きくて困難そうに見える仕事も小さくて簡単な仕事に分けて一つずつ達成していこう!今週は皆さんご存知のマクドナルドの創業者レイ・クロックです。そこで「あれ?」と思われ方、いませんか?「マクドナルドはマクド... ...続きを見る
中年サラリーマンお父さんの日記
2010/02/07 13:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海馬/脳は疲れない−池谷裕二・糸井重里 etc/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる